輪王寺・逍遥園の紅葉
Oct. 31 '09
 日光、輪王寺・逍遥園(しょうようえん) は江戸時代に造られた代表的な日本庭園で、池が中心となっていてその周囲を散策して楽しみます。庭は池泉回遊式と呼ばれるもので池の中央に中島があり、板と石の二つの橋も趣を醸していました、植えられているモミジはイロハもみじ、千染(ちしお)、瓜膚楓(うりはだかえで)、野村楓(のむらかえで)など種類も多く紅葉時期の今、燃えるように庭園を明るくしていまた。

御一行さんが次々に訪れる輪王寺・三仏堂前・・・この対面に逍遥園がある

輪王寺の黒門横から紅葉越しに三仏堂を望む

逍遥園に入場し最初に目にした景色・・・ここから反時計方向に散策開始

少し移動して

池と紅葉のコントラストも見事

真っ赤に燃えるモミジ

緑に重なる紅葉景色

池に映えるモミジ・・・さわやかな色合いです

正面から反対側に来て・・・絵になる紅葉です

素晴らしい色合いの紅葉に目が覚める

もう一つの池の前に来て・・・明るい雰囲気の紅葉景色

木越しに見る紅葉

少しアングルを変えて・・・順光に光る紅葉

上の写真から少し移動して・・・手入れの行き届いた植木群に咲く紅葉

この何ともいえない見事な紅葉に言葉もない

ここでほぼ一周、今がまさに見頃でしょう

一周して、今来た方向を振り返る

ズームアップして・・・石橋と紅葉が似合う日本庭園でした
UP