長谷山・本土寺
                                                 June 24 '05


  長谷山本土寺は鎌倉時代にひらかれた“四季の寺”と親しまれている日蓮宗の名刹で、3万本もあるアジサイから、別名「アジサイ寺」とも呼ばれています。 この本土寺の 「本土」とは 「我此土」(わがこのど)つまり、お釈迦様が本当の佛、本佛となって住む国土 「本土」 に由来するそうで、花の時期になると大変な賑わいをみせます。場所は松戸市の北小金駅、北方1kmの所にあります。


杉並木の参道・・・約500mと長い                        仁王門                   

 


菖蒲池より回廊と妙朗堂を臨む・・・花菖蒲が満開!




花菖蒲が咲き乱れる菖蒲池から仏舎利、宝物殿を臨む




秋山夫人の墓・・・徳川家康の側室               歴代管主の墓石が立ち並ぶ墓域  

 


古来朗師門                               瑞鳳門    

 


             像師堂                        水連の浮かぶ弁天池と弁天堂




日像菩薩産湯の井戸                           井戸の拡大       

 


御廟所                                稲荷様

 


      小さな滝                            杉木立の中の苔

 


藤風庵可長の碑                            翁の碑                   

    

                                                                             このページの先頭へ