景徳院
Nov. 14 '08
 景徳院は最近ネットで見て詳しく知りました。甲州市の田野地区(旧大和村)は武田勝頼軍が1582年 (天正10年) 3月11日に日川渓谷沿いに天目山をめざしたが途中、織田・徳川軍との激戦になり破れ、一族郎党は自害し、500年続いた武田家が滅亡したところです。この年の7月、徳川家康が勝頼の死をとむらうため菩提寺として景徳院を建立、山門の近くに自刃した三箇の生害石があり、勝頼公(37歳)夫人(19歳) 信勝公(16歳)の墓が並びさらに、将兵や侍女合わせて50名の墓も境内にあります。

景徳院・総門                山門へ  
 

山門・・・往時の面影を忍ばせる

山門から本堂方向を見る

紅葉に包まれた本堂・・・天童山 景徳院

    鐘楼              本堂裏手の岩船地蔵
 

本堂横裏から鐘楼方向を振り返る

武田勝頼(中)、北条夫人(右)、信勝(左)の墓・・・手厚く葬られています

     甲将殿・・・主従の位牌を祀る     没頭地蔵・・・勝頼、夫人、信勝を祀ったお地蔵様
 

景徳院の案内板
UP